青汁を解説

手荒れに効果的なコエンザイム入りのハンドクリーム

乾燥する秋から冬にかけて、手荒れに悩まれる方も多いことでしょう。
手荒れの原因には色々なものがあります。

水仕事によるものや、乾燥による手荒れ、アレルギーによるものなどです。
家事をすることが多い主婦の場合だと、乾燥する冬場は冷たい水で洗うよりも温かいお湯を使用し、さらに合成洗剤を使用してお皿などを洗うと、手の皮脂や水分が奪われてしまいます。

そのため冬場は酷い手荒れに悩むことになるのです。
そこで乾燥する冬場は、コエンザイム入りのハンドクリームで手荒れを改善してみてはいかがでしょうか。
コエンザイムには、肌に張りを与え、乾燥や手荒れを防いでくれる働きがあります。
他にも抗酸化作用があり、美白効果もあるので、使用し続ければ手荒れ以外にも手に出来てしまったシミを薄くする効果も期待することができます。

コエンザイムは肉や魚などに含まれている脂溶性の物質です。
人の体内にもありビタミンと似た働きをします。
ただ40歳を過ぎると、体内で合成されにくくなるため、不足しがちになります。
コエンザイムの効果は心筋梗塞や心不全、糖尿病、高血圧の予防が出来ます。
摂取しても効果があるコエンザイムですが、肌に塗っても、肌荒れや手荒れなどを改善してくれる効果があります。

実際にコエンザイムを含んだ化粧品なども多数販売されています。
コエンザイム入りのハンドクリームを使用し続けることによって肌の酸化を防いでくれる効果などもあるので、使い続けていくうちに肌荒れも解消され、しっとりとしたキメの細かい手になることでしょう。

トップへ戻る