青汁を解説

コエンザイムはどんな食品に含まれるの?

コエンザイムには抗酸化作用があります。
そのため身体の細胞が酸化するのを食い止めてくれる働きがあるため、若々しい身体を作り出せます。

免疫細胞や白血球の作用を高めてくれる働きもあるため、いつまでも若く健康に居続けることができるのです。
また美容効果も期待することができます。
抗酸化作用が高いため、紫外線やストレス、食生活などのダメージによるシミやシワを防いでくれる働きがあるため、美しい肌を保ち続けられます。
コエンザイムは食事からも摂取することができます。

様々な食品に含まれているので、いろいろな食品からバランスよく摂取することが大切です。
魚や肉類、豆やブロッコリー、ホウレンソウなどにも含まれています。
ごま油や大豆油、菜種油などの食用油にも含まれているので、調理油として使用したり、ドレッシングの油として使用するのもよいでしょう。
コエンザイムの働きや効能を高めるためには、摂取の仕方にも工夫をするとよいでしょう。

例えばかぼちゃなどの緑黄色野菜にはビタミンEが豊富に含まれているのですが、菜種油でかぼちゃフライなどを作れば、抗酸化作用が高まります。
コエンザイムは脂溶性の性質があるので、油に溶けやすいのが特徴です。
コエンザイムを含んだ油で調理し、ビタミンEを含む食材を上手に組み合わせるとよいでしょう。
ちなみにコエンザイムは一日30ミリグラムから300ミリグラム摂取すると健康を保つことが出来るのですが、残念ながら食事から取れるコエンザイムの量はわずか5ミリグラムから10ミリグラムほどしかありません。

そこで足りない分はサプリメントで補うと効率的に毎日摂取し続けることができます。

トップへ戻る