青汁を解説

コエンザイムQ10は自分で作れる?

コエンザイムQ10にはさまざまな効果があると言われていますね。
免疫力が上がる、疲れがとれるという優れた効果のほか、美容にも大きな効果があるようです。

また、人間だけではなく犬や猫にもコエンザイムQ10を与えるという人もいらっしゃるようです。
このすばらしい効果のあるコエンザイムQ10はもともと人間の体内にあるものなのです。
体内の細胞を作っているミトコンドリアの中に含まれているものです。

ですから人間だけでなく犬や猫の体内にもあるというわけです。
しかし、人々はなぜさまざまな手段でコエンザイムQ10を摂取するのでしょう。

それは、年齢による影響です。
細胞が生まれ変わる速度が速い若い間は、コエンザイムQ10もどんどん生成されます。
しかし20歳ころをピークにこの生成力が下降をはじめ、40歳では半減してしまうといわれています。
40歳ころから体の不調が多くなっていくのはこのような背景があるからです。
したがって、体内で生成できるコエンザイムQ10が減少してくると食事などから積極的に摂ることが求められるのです。

しかし、コエンザイムQ10は食事だけではなかなか充分な量を摂ることはできません。
効果を求めるならサプリメントなどでコエンザイムQ10を摂取することが大切です。

体内で生成できる量を補うためのものですから、自分の身体にあったものを選ぶことが必要です。
どんな効果を求めるのかを考えて選ぶことがポイントですね。

トップへ戻る