青汁を解説

コエンザイムQ10は本当に安全なの?

コエンザイムQ10と言えば美容成分としての役割に期待されており、アンチエイジングの効果や抗酸化作用が有名で、サプリメントなどたくさんの商品が流通しています。
一般的には健康食品は医薬品ではないので、副作用は起こり得ないと考えられています。

コエンザイムQ10は日本では健康食品として扱われているので、副作用はないと思われていますが、昔は医薬品として扱われていたため、安全性に問題があるのではないかと心配する声もあります。

しかし、コエンザイムQ10は大量に使用した場合でも副作用が起こりにくく、安全性がとても高い物質であることがわかっています。
摂取する上で注意する点はいくつかありますが、日常生活を健康的に送る一助として、積極的に摂取すべきものの一つと言えるのです。
生活習慣病や癌などの対策として医薬品と併用する際など、コエンザイムQ10自体は非常に有効な存在です。

ただし、すでに医師から処方された医薬品を服用している場合や、常用している薬があるという場合は、かかりつけの医師などに相談してから摂取する方が安心です。
また、大量に摂取したからと言って通常よりも高い効果が得られるというわけではありません。

身体のバランスを整えるという観点から摂取するのですから、適切な量を摂取することは大きなポイントと言えます。
サプリメントなどを摂取する場合は表示の摂取量を守るようにしましょう。

用法と用量をきちんと守れば、コエンザイムQ10は非常に安全性の高い物質なので、副作用や身体への弊害が出る恐れはほとんどありません。

トップへ戻る