青汁を解説

コエンザイムの役割

ヒトは60兆個もの細胞で構成されています。
健康的に生命を継続していくためには細胞が元気でなくてはなりません。

細胞は細胞呼吸することで活力を得ています。
呼吸するために重要な役割りを担っている機能が「ミトコンドリア」です。
一つの細胞に数百個~数千個単位で存在しています。
とくにミトコンドリアはエネルギーを生成するため心臓や筋肉、脳細胞などヒトが健康的に生命を継続していくための大切な器官に多く存在しています。

ミトコンドリアがエネルギーを生産していくためにはコエンザイムが必要となります。
コエンザイムが減少することでミトコンドリアの働きも鈍りエネルギー生産量が減少してきます。
しかしコエンザイムは年齢を重ねるとともに体内での生成が減少します。

だから年齢を重ねることで体力の衰えなどを感じることに繋がるのです。
そして加齢とともに体内では活性酸素の働きが活発化してきます。
活性酸素は身体を錆びつかせ老化を進行させる原因物質です。
コエンザイムには、脂溶性の抗酸化物質機能が備わっているため、活性酸素を除去する役割があります。
この作用により肌や髪にはハリやツヤそして弾力などがうまれ若返るというメカニズムとなるのです。

コエンザイムは20歳を過ぎると減少しはじめ40代にはさらに生産量は衰えてきます。
一度生産されなくなると減少が進行する一方で再び生産されることはありません。
そのため、外から補う必要があります。
コエンザイムの減少は肌のハリやツヤに現れるので、セルフチェックをして「最近肌や髪にハリやツヤが落ちたかな」と感じたらコエンザイムを摂取していくことがおすすめです。

トップへ戻る