青汁を解説

コエンザイムQ10とアンチエンジングの関係

美容に良いことで知られているコエンザイムQ10ですが、なぜこの成分がアンチエンジングに効くと言われているのでしょうか、そして具体的にはどんな効果があるとされているのでしょうか、この二つについて、その関係性を探っていきます。

コエンザイムQ10の商品がよく見られるのは、美容コーナーや化粧品売り場です。
そしてよく売られている製品はコエンザイムQ10配合の栄養クリーム、美容液などです。
コエンザイムQ10は、抗酸化作用が高いビタミン物質からできています。

抗酸化作用が高いということは、肌細胞の酸化を防ぎ、外部からの汚れなどから肌を防護し、肌の細胞そのものが劣化するのを防ぐ働きがあるということです。
肌細胞の劣化は老化にそのまま繋がりますので、それを防ごうとする働きを持つコエンザイムQ10は、アンチエイジング効果が大変高いということになります。

また、コエンザイムQ10の特性は水溶性が高いということです。
そのため美容液などの保湿成分に溶けやすく、高配合の製品を作ることができます。
これが、美容液などにたくさん使われている理由です。
ただしコエンザイムQ10には粒子がやや大きめであると言う難点もあります。

水に溶けやすく扱いやすい半面、細胞の隙間から肌の奥へ浸透していく力は他のビタミンに比べて少し弱いと言えます。
ですからコエンザイムQ10の美容液等を使う時には、できるだけ浸透力が強いもの、そしてパックや美容液のように肌になじませる時間が比較的長いものを選ぶとさらにアンチエイジング効果が高くなります。

トップへ戻る