青汁を解説

コエンザイムQ10の知られざる「産みの親」は日本の企業だったんです!

現在販売されている数々のサプリメントの中で最も有名な、
サプリメントの顔ともいえるコエンザイムQ10。
最近ではドラッグストアや通販はもちろん、
コンビニは100円ショップでも販売されています。

こちらにはニキビ予防、がん予防、アンチエイジングやダイエットに効果的な青汁ランキングについて掲載されています。
このコエンザイムQ10、
正式名称をユビキノンといい1957年にアメリカで発見された物質です。
こうして発見されたコエンザイムQ10はそのままアメリカで工業化が進み、
今のように世界的な普及を・・・したわけではないんです、実は。

物質としての発見はアメリカですが、
これを興行的に大量生産する技術を確立したのは、実は日本の企業。

日清製粉株式会社、今の日清ファルマが1967年にこれを成し遂げています。
日本でのコエンザイムQ10は今でこそ広く健康食品として認知されていますが、
もともと心臓病の治療薬として、いわば医療用に開発されました。
その名残もあって日清ファルマでは今も医療用のコエンザイムQ10の製造を続けています。

日本国内はもちろん、世界で見ても、
コエンザイムQ10をつくっている会社・工場はそう多くはありません。
そのため、生成の難しいコエンザイムQ10を高純度で抽出するための技術は、
今でも日清ファルマが最初に確立したものがベースになっています。

サプリメント先進国と言われ、
日本以上にコエンザイムQ10が普及しているアメリカであっても、
その生成の根幹には日本の技術が採用されているのです。
そういう意味ではコエンザイムQ10の生みの親は日本といえます。

日清ファルマがコエンザイムQ10をつくってから50年弱。
健康食品として認可されたのが2001年ですから、
わずか10数年の間にこれだけ普及したというのは驚くべきものがありますね。
これというのも、コエンザイムQ10がアンチエイジング等に優れた効果があり、
副作用がないという性質を持っているからといえるでしょう。
このページxn--q10-qi4bta9dwa15axf.tkも、興味深い解説が記載されています。

ちなみにコエンザイムQ10の生成方法にはいくつかの種類があり、
日清ファルマを始め、国内の大手メーカーが採用しているのは、
微生物を使う「発酵法」という方法になります。
こちらのコエンザイムQ10の吸収率を上げる方法についての解説もご覧ください。
また、こちらには健康食品の中でも効果が高いとされる青汁サプリメントの効能や副作用の解説と通販で購入できる商品の口コミ比較ランキングのサイトがあります。

トップへ戻る