青汁を解説

抗酸化作用(細胞を活性酸素から守る)があるといわれ、細胞を若々しく保つためのサプリ

コエンザイムQ10の効果を語る上で外せないのが「抗酸化作用」。

アンチエイジングに良いと言われるので、
聞いたことはあるけれど実際にどんな作用かと言われればどうでしょう。
おそらく、ほとんどの人が具体的にどんな作用なのか説明できないのではないでしょうか。
その他のコエンザイムQ10の効果についてはこちらをご覧ください。

抗酸化作用とは大きくいうと、
活性酸素による細胞の酸化を防ぐ作用のことです。
私たちは酸素を体内に取り込み、細胞を活動させています。
これは私たち人間はもちろん、動物、
そして植物にとっても酸素は細胞を持つ生命体すべてに不可欠です。

しかし、酸素は化学反応を起こすと活性酸素という不安定な状態になります。
この活性酸素はその不安定さゆえ、
細胞を錆びた金属のように酸化させることがわかっています。
酸化による細胞のダメージは老化、
がんの誘発など、私たちに様々な害をもたらすことがわかっています。

この活性酸素の酸化作用を無効にして、
細胞を守るのが抗酸化作用で、
抗酸化作用を持つ栄養素のことを抗酸化物質と呼んでいます。

抗酸化物質には各種ビタミン、ミネラルなどがありますが、
その中でもコエンザイムQ10の抗酸化作用はトップクラスの力を持っています。
そのため、細胞を若々しく保ち、見た目はもちろん、
体の中身まで若さを保ちたいアンチエイジング派には必須の栄養素だというわけです。

また、活性酸素は特にスポーツマンやアスリートのように、
酸素を体内に多く取り組む人の体内でより発生しやすい物質ですから、
体を動かす人は特に意識して摂取したい栄養素です。

コエンザイムQ10はそれほどまでに重要な栄養素であるにもかかわらず、
どの食品でもその含有量は微量です。
そこで一日の摂取量を把握した上で、足りていないようであれば、
サプリメントやドリンク等で補充してやることが賢い摂取法といえるでしょう。
正官庄の高麗人参サプリメントにも抗酸化作用があるそうです。
サプリメントタイプなどで一緒に摂取したら効果がすごい出ました。

また、美容効果のあるプラセンタも一緒に摂取すると良いそうです。

人気のプラセンタサプリメントはこちらで紹介されています。

トップへ戻る