青汁を解説

コエンザイムQ10が不足するとどうなるの?

コエンザイムQ10は、ビタミンと似たような働きをしており、人間の体を作っているすべての細胞に存在しているもので、心臓が動いたり、内臓が働いたりするのは、コエンザイムQ10がそれぞれの細胞へ働きかけているからです。

ということは、人間はコエンザイムQ10がなければ生きていけないということになります。
そのため、コエンザイムQ10が体内で不足した場合、疲れやすく疲れがとれにくい、免疫力の低下、関節の痛みが起こる、肌が老いてきたり老化現象が現れるといった症状が、いろいろ出てきてしまいます。
コエンザイムQ10のすごいところは、とても強い抗酸化作用なので、体の内部から外部にかけて、すべてにおいてコエンザイムQ10が不足することで、体調不良を引き起こす原因になります。

そういう理由から、コエンザイムQ10の必要性が高まっており、コエンザイムQ10配合の化粧品やサプリは、とても人気のある商品となっています。
店頭でも、アンチエイジング関連の商品には必ずと言っていいほど、コエンザイムQ10の文字が付いています。

コエンザイムQ10は、歳を重ねるごとにだんだんと減っていくものなので、今元気で肌の調子も良いという方でも、今から飲み続けることで、老化を遅らせることができますし、将来的に見ても摂取するということはメリットが高いです。

また、元々体にある成分なので、副作用がないのも魅力です。
コエンザイムQ10が不足しないよう、継続してに飲み続ければ、衰えをあまり感じることなく生活ができそうですね。

トップへ戻る