青汁を解説

20歳を過ぎるとコエンザイムQ10の体内での生産量はみるみる低下します

コエンザイムQ10のサプリメントが、
認可からわずか10年ほどでどうしてこれほどまでメジャーになったのでしょうか。
理由はいろいろありますが、もっとも大きなポイントになるのは2つ。

1つはコエンザイムQ10を食品から十分量摂取するのが難しいこと、
そしてもう1つがコエンザイムQ10の体内量は20歳前後をピークに下がっていくことです。
このサイトには、コエンザイムQ10が不足してしまう原因について解説されていました。是非ご覧になってみてください。

コエンザイムQ10は体内のいたるところに存在しています。
それは細胞を動かすエネルギー源である、
ATP(アデノシン3リン酸)という物質をつくるために必要だからです。
そのため、特に強いエネルギーが必要になる、
心臓・肝臓・腎臓・脳・筋肉といったところには多量のコエンザイムQ10が存在しています。
こうして体中に存在するコエンザイムQ10が人間の生命活動を支えているわけです。

しかし、コエンザイムQ10の体内での生成量は、
年齢とともに着実に衰えて、40代で一気に減少します。
体内のコエンザイムQ10の量が減るということはATPの生産量が減るということです。
ATPが減ってしまえば、エネルギー生産が減ってしまいます。

これは単に筋力が落ちるというような単純な話ではありません。
細胞レベルの活動量が落ちるということですから、
内臓の働き、体の抵抗力などありとあらゆる生命力が減少に向かうということです。

実際、まだ明らかにされてはいませんが、
40代に心臓のトラブルが増えたり、
一気に老け込む人が多いのはコエンザイムQ10の減少が一因という説もあります。
体がその生産力を落としているのですから、これを補うには食品から摂取するしかありません。

ただ、コエンザイムQ10は肉や魚、野菜などに含まれてはいるものの、
その量はごくごく微量で、不足分を補うには相当量を食べなければいけないため、
毎日の食生活の中でこれを補完するのはとても大変です。
そのためこういった摂りにくい栄養素には、サプリメントが有効なのです。
http://xn--vckl3i8cz188ace1b.net/12.htmlで紹介されている抗酸化作用のあるセサミンと併せて摂ると相乗効果が期待できると言われているので若返りの効果をさらに実感しやすくなるでしょう。

トップへ戻る